スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -
<< オグリ  やる気ないデー >>

時間ですよ

JUGEMテーマ:日記・一般

銭湯とかってめったに行かないし、システム自体も分かってなかったんだけど、
遊びに来ていた友達がウチの近くに銭湯を見つけて、
どうしても行きたいと言い出した。

スーパー銭湯が主流の今、彼が行きたいと言ったのは昔ならではの銭湯。

俺もその銭湯を前から知っていて、
見かけるたびにタイムスリップした気分になっていた。
建物とか雰囲気が「昭和!」っていう自己主張をしてて、
ガラス戸の奥に見える下駄箱の木の温かみとか、男湯・女湯の暖簾とか、
「そうそう、マチャアキが!森光子が!」っていうワクワク感、感じてた。
(※ リアルタイム世代ではありません)

だけどなかなかひとりでは入りづらくて、
たぶんなんか暗黙のルールとかあって、
ボスみたいな人がいて、その人が入ってる時は湯船に入っちゃいけないとか、
ボスが体を洗い始めたら無言で背中を流すとか、
そういうのあったらどうしようって思ってた。
そもそもタオルとかシャンプーとか持っていくべきなのかも分からないし、
別に風呂だったらウチにもあるし、どうせマチャアキはいないし、
森光子も最近じゃでんぐり返しは封印したらしいし、
っていうか芸能生活自体も危ういんじゃないかって俺は思ってるし、
浅田美代子は天然だし・・・。

そんなわけで、友人のその申し出を快く受け入れ、
一緒に行った。銭湯に。5時ぐらいに。江戸っ子かっつの。

+++

で、友人に指導を仰ぎ、タオルやらシャンプーやらを持っていった、
もう、ほんとにこれマチャアキ出てくんじゃないの?っていうくらい、銭湯だった。
壁にちゃんと富士山の絵が書いてあった。

銭湯ってほんといいなーって思って、
「俺、ここ通いつめるわ!」とかって宣言してたら、
とあるおっさんが服を着たまま入ってきて、
「あれ、なんで服着てんだ?」って思ってよく見たら、刺青なのでした。

なんかもう桜吹雪な感じの刺青で、
粗相があったらいけない!って思って、急いで出てきた。
帰り際に「見事な桜ですなぁ、一足お先に花見させて頂きましたわい。」などと、
一声かけた方がいいかなーって思ったけれど、
小指とか無くなっちゃうんだろうなって思った。
友人も「遠山の金さんもビックリですね!」と声をかけたかったと語る。

スーパー銭湯なら刺青の人は禁止だろうに。
comments(0) : -

スポンサーサイト

- : -

COMMENTS

COMMENT?