スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

さんたくん、さようなら。

JUGEMテーマ:日記・一般

本日を持ちましてこのブログとはおさらばします!

俺のケータイにはもんのすごい量のメモリーが入ってて、
でもいちいち名前見ても、どこであった人かとか、
顔すら思い出せない人がわんさかいた。
そういうなんだか現代のひずみみたいな、
なんとなく矛盾じみたことがなんとなく嫌いで、
あああ、ケータイ換えちゃおっかなーってすげー思ってる。
そんな勢いでブログも換えちゃおうと。

+++

あー実は最近キツかったんすよ。
たぶん、今年のこの2月は、いったん落ちて、
それで上がるための布石だったに違いないって思う。
29日まででよかった!
昨日までだったら、終わらせられなかった!
だけど、終わらせられた気がすんだよなあー。

そんなわけで、節目って意味でも終わりにします。
いや、またすぐブログ始めるつもりですが、
このブログ名も、「さんた」という名前すら捨てるつもりです!
俺が「さんた」として日記書いたのって、もう4年になるんだ!
すげえええええ!!!
さんたくんというコイツが、俺は割と好きだった。
ガラスのハートを持ってるけど、なかなかいい奴なんすよ。
ってなにこのコメント。分裂症気取り?

+++

このブログとしては1年少しでしたが、
見てくださってた方々、ありがとうございました!
是非とも新しいブログも見てやってくださいね!
そんな奇特なマインドを持ってる方はメールください。
コンセプトは「トウキョウを斬る!」って感じでいきたいです。
ちょっと心機一転で、笑えるブログを目指すよ俺は!

今までコメントくれた方、メールくれた方、そこのアンタ、
本当にありがトスカーナ地方!(高尚なギャグ)(←笑えるブログ書ける気しない!)

+++

沖縄は桜が咲いているそうですよ!
しかも散りそうだとか。



ありがとぅ〜!(勝手に載せてすいません)
近々お返事します!
comments(99) : -

大江戸温泉物語

JUGEMテーマ:日記・一般



今日はひょんなことから、社長の奥様とそのお友達と一緒に
お台場の「大江戸温泉物語」に行くことになった。
なぜか俺が付き添いの者として抜擢されたのだ。

5時に上がらせてもらって、50代の奥様と60代のおば様と一緒に行った。
「俺はいったいなぜこの人たちと温泉へ・・・?」って思いながら、行った。
ゆりかもめに揺られて、夕暮れの東京湾を見ながら、
奥様たちと老人介護の話をしながら、行った。
スーツで、ビジネスバッグを持って、温泉へ、行った。

+++

大江戸温泉は割といいところです。
ちょっとしたタイムトリップ気分も味わえるし、
ちょっといい感じの浴衣も着れるし、裸足だし。
温泉も結構充実していて、奥様方も「また来たい!」っておっしゃっていました。

俺も、平日から温泉行っちゃえるなんて、
なんだかんだ言っても結局は大ハッピーだった。
奥様方に感謝!

でも話の半分くらいは老人介護の話だったので、少し滅入った。
comments(0) : -

やる気ないデー

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は自分でもほんっとに驚くほどテンション低くて、
会社の経理のおばさんが話しかけてきても、
『あー話なげえ。うぜえ。てめえの仕事してろや。』って心の中で悪態つきまくって、
シカトぶっこいたりしていた。

そんなマイナス思考のときは、なぜか心の中で「犬神家の一族」が始まる。
特に松子がスケキヨを殺めるところを思い出してしまう。
そうすると少しテンションが上がって、
その後周りの人に「お母さん・・・スケキヨです・・・」ってモノマネしてたら、
「あ、すごい似てる!」って言ってくれる人がいて、
テンションぶち上がって、とても楽しかった。

なにこの一日。
comments(0) : -

時間ですよ

JUGEMテーマ:日記・一般

銭湯とかってめったに行かないし、システム自体も分かってなかったんだけど、
遊びに来ていた友達がウチの近くに銭湯を見つけて、
どうしても行きたいと言い出した。

スーパー銭湯が主流の今、彼が行きたいと言ったのは昔ならではの銭湯。

俺もその銭湯を前から知っていて、
見かけるたびにタイムスリップした気分になっていた。
建物とか雰囲気が「昭和!」っていう自己主張をしてて、
ガラス戸の奥に見える下駄箱の木の温かみとか、男湯・女湯の暖簾とか、
「そうそう、マチャアキが!森光子が!」っていうワクワク感、感じてた。
(※ リアルタイム世代ではありません)

だけどなかなかひとりでは入りづらくて、
たぶんなんか暗黙のルールとかあって、
ボスみたいな人がいて、その人が入ってる時は湯船に入っちゃいけないとか、
ボスが体を洗い始めたら無言で背中を流すとか、
そういうのあったらどうしようって思ってた。
そもそもタオルとかシャンプーとか持っていくべきなのかも分からないし、
別に風呂だったらウチにもあるし、どうせマチャアキはいないし、
森光子も最近じゃでんぐり返しは封印したらしいし、
っていうか芸能生活自体も危ういんじゃないかって俺は思ってるし、
浅田美代子は天然だし・・・。

そんなわけで、友人のその申し出を快く受け入れ、
一緒に行った。銭湯に。5時ぐらいに。江戸っ子かっつの。

+++

で、友人に指導を仰ぎ、タオルやらシャンプーやらを持っていった、
もう、ほんとにこれマチャアキ出てくんじゃないの?っていうくらい、銭湯だった。
壁にちゃんと富士山の絵が書いてあった。

銭湯ってほんといいなーって思って、
「俺、ここ通いつめるわ!」とかって宣言してたら、
とあるおっさんが服を着たまま入ってきて、
「あれ、なんで服着てんだ?」って思ってよく見たら、刺青なのでした。

なんかもう桜吹雪な感じの刺青で、
粗相があったらいけない!って思って、急いで出てきた。
帰り際に「見事な桜ですなぁ、一足お先に花見させて頂きましたわい。」などと、
一声かけた方がいいかなーって思ったけれど、
小指とか無くなっちゃうんだろうなって思った。
友人も「遠山の金さんもビックリですね!」と声をかけたかったと語る。

スーパー銭湯なら刺青の人は禁止だろうに。
comments(0) : -

オグリ

JUGEMテーマ:日記・一般

今朝会社に行く途中で、またしてもドラマの撮影をしてて、
さんざん足止め食らったのでイライラして、
ようやく通れるようになった時に、
「なんなんだよ通勤の大事な時間に!」ってそばで座ってた人にガン飛ばしたら、
小栗旬さんでした。

小栗旬さんもこちらにガンを飛ばしており、
「朝から俺、小栗旬とガン飛ばしあってる!」って思いながらも、
撮影現場を通り抜けてきました。

テレビを見ても、実物を見ても、
小栗旬さんの魅力がさっぱり分からないんですけど、
会社の女の子に「小栗旬と目が合った!」って自慢してたら、
彼女も「小栗旬の魅力が分からない」って言っていました。
芸能界の陰の操作を感じる今日この頃みなさん、いかがお過ごしですか?
comments(0) : -